Formthotics™

Formthotics™

News

2017.04.02

【HOKA ONE ONE Arahi を買ってみた】

【HOKA ONE ONE Arahi を買ってみた】

名作「Clifton」に代わる基幹商品「Arahi」を買ってみました。
https://www.youtube.com/watch?v=w9iTsoTrVbk&t=19s

・ソールスタビリティ 大幅向上
・アッパーシェル 大幅改善
・ロッカー構造 進化
・シューズ全体の軽さ建材

★★★「Clifton」の問題点を大幅に完全した「Arahi」★★★
【スタビリティ 大幅向上】
良くも悪くもCliftonはソールがフカフカで柔らかく道からの突き上げ感軽減されて良かったのですが左右のスタビリティに関して疑問を感じていました。
Cliftonは単一素材でしたがArahiではソール部位で素材硬さを意図的に変えることによって踵外側からアプローチしても重心が自然と内側に移行して蹴り出せる。
HOKAらしさを失った様な感じを受けますが正当改善なのでしょう。

【アッパーシェル 大幅改善】
Cliftonのアッパーシェルは軽量素材の選択し施工問題から長時間走ると表面コート接着された素材が直ぐに剥がれてしまいますます。
Arahiはアッパーシェルの素材・施工方法は剥がれることなく剛性も上がりソールと相まってスタビリティ向上に寄与していると思います。
30kmほど走りましたがアッパーシェルの不具合は感じられません。

【ロッカー構造 進化】
HOKA Arahiの宣伝動画を見て分かる通り一部ソール素材を変更して反発力を損なうこと無く、無駄なく推進力に還元されるようになったと思います。トップ側は従来と変わらない柔らかい素材を残し最後のひと推しを「ピュッ」と走らせる印象。恐らく計算ずくなのでしょう。
HOKAのお家芸であるロッカー構造により「クルンクルン」と足運びが出来たのにプラス、Arahiでは最後に「ピュッ」と推進させてくれる印象です。

【シューズ全体の軽さ建材】
若干重くなるも見た目以上の軽い。

・男性用(US9.0)「Clifton 249g」「Arahi 269g」
・女性用(US8.0)「Clifton 226g」「Arahi 235g」

一部硬いソールを利用した分だけ質量が増えて全体が重くなっているのだと思いますがそれでも見た目以上の軽さは建材です。

★★★「Clifton」雑感★★★
分厚い軽量インソールで振動吸収性を向上させ、フカフカランニングを可能としたCliftonでしたが軽さのトレードオフで耐久性に関しては疑問が残る所がありました。
激しいソールの消耗、ソール消耗だけではなく経年劣化でソールに潰れが見受けられ振動吸収性や正しくスタビリティを維持できないのではないかと思うほどです。
アッパーシェルの素材接着力の低さから走る距離が長くなり汗等で直ぐに剥がれてビロビロとなっていました。

良いシューズの宿命だと思いますが買って履いた瞬間の「鮮度」が維持できないんだなー。
「良い物は鮮度を保つのが大変」
HOKA愛のある私は他のシューズに浮気する事なく履き続けていたのです。

アシックスで馴染んでいる日本人の感覚からすると価格を含んで耐久性はHOKA愛がないと理解し難いレベルだと思えます。

今回のArahiはそうではないことを願って勢いで2足も買ったので一年間じっくり履いていきたいと思います。

★★★今年はこれでウルトラマラソン★★★
・富士五湖71km
・サロマ湖100km
を走ってこようと思います。

※当社とHOKA社は契約関係は一切ございません。
あくまでも市民ランナーレベルの個人主観として書かせて頂いておりますので文中内容に関してはオフィシャルな情報ではありません。
※情報は参考程度とお考え下さい。

News トップへ